LIFEKU
facebook twitter twitter
PICK-UP
PICK-UP
30年近く福島市で洋服店を営んでいるPICK UP。ディスプレイを見ただけでもこだわりや、商品への愛着を感じる。季節感のあるディスプレイや使っている小物までおもしろい。昔あったコールマンの赤ランタン。古い瓶に、使い込んで歴史を刻んだ什器、ボートのオールなども上手くディスプレイして店の雰囲気を出している。
オーナーは高橋省吾さん、私が行った時にセーターが納品されていた、『昔ながらの手作業が多い商品にはクラフト感がある、機械にはできないこの手作業の痕は本当に大切なものだと感じる』ということ。セーターだけとっても、その産地、使っている羊毛、つなぎ方など見るところは沢山あるそうだ。セレクトには布の縫い方までも一つ一つ見て選んでいるという。そんな説明を聞いていると其の商品に何かを感じずにはいられない。このPICKUPのセレクトにはドラマがあると感じた。
そして、そのPICK UPで働くのは、田中さんと、藁谷さん。この店の何が好きと言ったら、商品もそうだがこの人たちだ。いつももちろんしっかり商品の説明、歴史、作り方、素材など省吾さん直伝のいろいろな話をしてくれる。そして、私が持っている服も知っていて、それへのコーディネートなども考えてくれる。いろいろな事をはなし、わかってくれている。
商品も毎週東京へ出張し、いいものを見て厳選しセレクトした商品が並ぶ、どれも思いれがあるのがわかるものばかりだ。商品の話ばかりではなく、色んな事をおしみなく話してくれる。楽しかった経験、これからしたい事、友達の事、昔の話。。。時間があっという間に過ぎていく。買い物が本当に楽しいと思う瞬間だ。商品、お客に対する気持ちが生半可では30年も続かない、本当に信頼のおけるお店だ。福島に根差した、温かいお店、それがPICK UP。
PICK-UP
Interviewer
OPTICAL YABUUCHI
藪内義久
2011.10.23
PICK-UP
PICK-UP
PICK-UP
PICK-UP
pagetop